眠れない夜の快眠クリニックTOP > 眠れないときの対策法とは? > 睡眠薬の作用時間について

睡眠薬の作用時間と種類

 

睡眠薬の作用時間について解説します。

現在使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。
これは、脳内に存在するベンゾジアゼピン受容体に結合することによって、効果が現れるために、そう呼ばれています。精神科や心療内科などのメンタルクリニック以外では、内科でも処方することができます。

不眠症の薬は、大脳辺縁系に働きかけることによって、神経の興奮を鎮める作用が主体となっています。神経の鎮静作用、催眠作用、抗不安作用などがあります。精神安定剤の一種であり、抗不安薬の仲間です。精神安定剤のなかで催眠作用が強いものを、眠れない夜に睡眠薬として使用することになります。

睡眠薬の作用時間は、種類によって異なります。
不眠症の患者さんの不眠の状態によって、適した作用時間の睡眠薬を処方することになります。まず不眠症には、4種類があります。

  • 入眠障害
  • 中途覚醒
  • 早朝覚醒
  • 熟眠障害

入眠障害とは寝付きにくい睡眠障害であり、寝初めさえクリアすればよいので、睡眠薬の時間は少なくてもよいのです。中途覚醒による不眠は、それよりも長い時間作用する睡眠薬、早朝覚醒は長めの作用時間をもつ薬を使用することになります。睡眠薬は寝る前に飲むしかないからです。

睡眠薬の作用時間と分類

睡眠薬の作用時間には、効き目が早く現れて作用時間が短いものや、効き目がゆるやかで長時間作用するものなどがあります。睡眠薬の持続時間は、以下のような分類が出来ます。

  • 超短時間作用型
  • 短時間作用型
  • 中間時間作用型
  • 長時間作用型

睡眠薬には血中半減期というものがあります。
薬剤が小腸から吸収されると、血液中の濃度がまず飽和します。そのあとだんだん減少してきて、最初の半分の量になる時期です。その血中半減期になるまでの時間が、睡眠薬の種類によって異なるのです。

超短時間作用型

睡眠薬の作用時間が6時間以内と、もっとも短いタイプの薬剤です。
ハルシオン、アモバン、マイスリーがあります。ハルシオンなどの睡眠薬を服用すると、すぐに眠くなってきます。そのため30分以内に寝床に入ることが大切です。そうしないと、布団に入る前に眠ってしまう可能性があります。

ハルシオンなどの薬を服用すると、血中半減期がすぐにやってくるので、すぐに眠くなるわけです。そのかわり血液中の濃度が急激に薄まっていくため、作用が消失する時間も早いといえます。長時間作用型の薬剤のように、翌日に効果が持ち越すという心配がありません。

このタイプの睡眠薬は、とくに寝付けない不眠症に適用されるので、睡眠導入剤と呼ばれています。

ハルシオンなどの睡眠薬の副作用としては、持ち越し効果がない代わりに、物忘れ(健忘)が起こることがあります。夜寝る前に服用してからのことを覚えていないなどです。そのため高齢の方の場合、ボケ症状を悪化させることがあるため注意が必要です。

また急に睡眠薬の服用を中止すると、服用前よりも強い不眠が現れることがあります。これを反跳性不眠や退薬症状といいます。そのため一気にやめるのではなく、不眠が改善していくにつれて、徐々に量を少なくしていく必要があります。

短時間作用型

睡眠薬の作用時間は12時間以内で、やや長いタイプの薬剤です。
とはいっても、名前から分かるように、作用時間が短いため、翌日の持ち越し効果はほとんどありません。レンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミー、デパスなどの種類があります。

次の日の不安が、超短時間型よりは少ないといわれています。

中間時間作用型

睡眠薬の作用時間が24時間以内なので、翌日までの持ち越し効果が出てきます。
入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒などに使用されます。昼間の抗不安作用が期待できます。

中間時間作用型の薬剤には、サイレース、エリミン、ユーロジン、ネルボン、ベンザリン、ロヒプノール、ドラールなどがあります。

長時間作用型

睡眠薬の持続時間が、30時間以上にもおよぶ薬剤です。
早朝覚醒の不眠症に使用されます。同時にうつ病や統合失調症(精神分裂病)などによる昼間の不安を和らげるためにも使用されます。

翌日に精神運動能力障害が出やすいので、注意する必要があります。
高齢の場合は、足元のふらつきに要注意です。

長時間作用型の睡眠薬には、インスミン、ダルメート、ソメリン、ベノジール、ネルガートなどがあります。

睡眠薬がいらない不眠症対策↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら